税金や建物の維持費がかからない

賃貸マンションは、維持費の面からすると購入より圧倒的に安くなります。購入すればローンが終了すると共に自分の資産になるというイメージがありますが、そこまではマンションのローン以外にコストがかさんできます。賃貸マンションの場合はほとんどは家賃と、更新手数料、あとは駐車場代などですが、購入した場合には毎年固定資産税がかかってきますし、集合住宅ということでマンションの部屋以外の共用部分についての修繕積立金などを支払う必要があります。管理費については賃貸・購入どちらも払うことになりますのであまり大きな差はありませんが、賃貸の場合は家賃や管理費に込みになっている部分について購入の場合は払わなくてはいけなくなります。

例えば通路や階段、外壁など劣化していきますが、そういった部分はマンションの住人がお金を出し合うことになるのです。その点、部屋を一歩出た範囲に関しては賃貸マンションは維持を経営者が行うことになりますので想定外の出費があるということはまずありません。また購入すれば当然ですが固定資産税がかかります。ローンが終わるまでは完全に自分のものではないにも関わらず、そのマンションの資産価値から固定資産税が算出されて払わなくてはいけません。賃貸マンションは借りているだけですから払う必要はありません。家賃とローンの額が同じくらいのマンションだとしたら、賃貸マンションのほうが金銭的なメリットは高くなります。

ライフスタイルに合わせられる

賃貸マンションにするか持家にするか、悩んでいる方へ。賃貸マンションで暮らすメリットは、ライフスタイルに合わせられることです。一戸建てを購入する場合、子育てのときはいいのですが、子供が独立すると部屋が余ります。夫婦ふたりなら、3つくらいの部屋で十分になります。便利がいい場所の物件だと、固定資産税もかかるし、リフォームの費用を考えるとメンテナンスにかかる費用も多くなります。

賃貸マンションは、転勤のときもストレスが溜まりません。分譲の場合だと、転勤が決まるとマンションを貸すか売るかという選択が必要になります。単身赴任になると、2重生活になるので余計な費用がかかってきます。売れないまま、引っ越しというケースもあるのはご存知でしょうか。昔のように、不動産を資産として考えるケースは少なくなってきました。少子化の影響で、これからどんどん空家が増えると考えられています。そして若い世代は、多額の住宅ローンに苦しむよりはしっかり貯金をしたいと思うようになっています。いざというときは、中古マンションや、中古の一戸建て購入ということも考えています。定年後はどこに住んでもいいので、自由に決めることができます。

1度家を買ってしまうと、子供の学校が遠かったり、近所でトラブルがあってもなかなか出ていきにくくなります。賃貸マンションなら、引っ越しするハードルはとても低くなります。転職するときも、賃貸マンションのほうが自由に、住むところを決めることができます。

賃貸マンションでのびのび暮らそう

衣食住が人の文化的な生活に欠かせないもの、というのは社会科の授業でも習うことです。しかし、現在それらが手に入らないという人は少なく、むしろ手に余っていたり、選択肢が豊富だったりするのが日常。自身の好みのブランドや食べ物を見つけることが楽しみという方も多いでしょう。ただし、そのなかでも最も重要な選択を迫られるのが「住」の部分。つまり、自分の暮らすことになる住宅をどのようなタイプのものにするかということが挙げられます。日本では、人口密度が全体的に高いことやスタイリッシュに見えることから住宅の形の内、マンションで暮らしたいと理想を持っている方も多くいます。もちろん、一戸建て住宅も憧れの住居ですが、住んでいる地域によっては、地価が高く現実的でないという方も少なくないでしょう。

とはいえ、マンションを新規で購入しようと思ってもその費用は、非常に高いです。マイホームの購入は人生で一番大きな買い物だ、と言われることもあるように、どの住居を選んでも価格面で高く感じてしまうことは否めません。また、転勤の多い方の場合、持ち家を持つことが憧れであっても必ずしもメリットの大きな買い物とはならないかもしれません。結果的に手放す可能性もあるでしょう。そこで、考えたいのが賃貸マンションで暮らしていくということです。これであれば、憧れのマンション暮らしが実現できるとともに、そこに住めなくなったときのリスクも少なくできます。購入よりも賢い選択となる可能性があると言えるでしょう。さらに、維持費がかからないのもメリット。ここでは、賃貸マンションで暮らすことの魅力について紹介します。