税金や建物の維持費がかからない

賃貸マンションは、維持費の面からすると購入より圧倒的に安くなります。購入すればローンが終了すると共に自分の資産になるというイメージがありますが、そこまではマンションのローン以外にコストがかさんできます。賃貸マンションの場合はほとんどは家賃と、更新手数料、あとは駐車場代などですが、購入した場合には毎年固定資産税がかかってきますし、集合住宅ということでマンションの部屋以外の共用部分についての修繕積立金などを支払う必要があります。管理費については賃貸・購入どちらも払うことになりますのであまり大きな差はありませんが、賃貸の場合は家賃や管理費に込みになっている部分について購入の場合は払わなくてはいけなくなります。

例えば通路や階段、外壁など劣化していきますが、そういった部分はマンションの住人がお金を出し合うことになるのです。その点、部屋を一歩出た範囲に関しては賃貸マンションは維持を経営者が行うことになりますので想定外の出費があるということはまずありません。また購入すれば当然ですが固定資産税がかかります。ローンが終わるまでは完全に自分のものではないにも関わらず、そのマンションの資産価値から固定資産税が算出されて払わなくてはいけません。賃貸マンションは借りているだけですから払う必要はありません。家賃とローンの額が同じくらいのマンションだとしたら、賃貸マンションのほうが金銭的なメリットは高くなります。

筆者について

admin

記事を表示 →